筱見四十八滝

筱見四十八滝(ささみしじゅうはったき)は、兵庫県篠山市にある滝です。四十八滝とありますが、実際には8つの滝で構成されています。普段は水量が乏しく、日本百名滝にも含まれていませんが、深山幽谷の雰囲気は十分、味わえるでしょう。また、奥地の滝を見るには、鎖を伝って岩場を登っていく必要があるので、スリルある登山も楽しめます。



↑登山口


筱見四十八滝キャンプ場にある駐車場です。このキャンプ場にはトイレはありますが、紙は置いてありません。ここから滝に向かいます。今回は1人での散策で、道中、誰とも出会いませんでした。





↑最初の小滝


私が筱見四十八滝を訪れるのは、今回で二回目です。一回目の時は岩壁を水が滴り落ちるといった感じで、「え、これが滝?」と言った感じでしたが、今回は梅雨の中休みに訪れたので、水量豊富で見応えがありました。しかし、その反面、登山道は滑りやすく、四苦八苦しながら奧にある滝まで進みました。







↑手洗い滝


登山道を横切って、流れています。実際、水を手に取りやすく、正に手洗い滝です。






↑上が肩ヶ滝で、下が弁天滝


この付近には大岩もあって、深山幽谷の雰囲気が良く出ています。





↑長滝 


登山道を少し外れて、下った所にあります。落差がありながらも静かに流れ落ちています。女性的な美しい滝でした。






↑鎖場


筱見四十八滝には、この様な鎖場が幾つもあります。岩肌が濡れているので、慎重に足場を確保して登って行きます。





↑シャレ滝






↑大滝


今回見た滝の中で、最も激しく流れ落ちていました。迫力があって、男性的な力強さを感じさせます。






↑上が一の滝で、下が二の滝


筱見四十八滝の最深部で、最後の滝となります。




↑長大な鎖場


一の滝、二の滝の側にあります。ここから先に滝はありませんが、鎖場を登り切った先に展望の良い岩場があるので、そこまで行って見ます。





↑岩場からの眺め


しばし、眺めを堪能した後、来た道を戻って行きました。






↑弁天滝近くの大岩


奧に祠があります。この辺りの雰囲気が最も気に入りました。今回は条件に恵まれ、滝に迫力があって見応えがありました。また、変化に富んだ登山道も楽しめました。しかし、1人の散策だったので、ふと立ち止まって、後ろを振り返る事も多々ありました。汗

コメント

このブログの人気の投稿

那覇市国際通り商店街

美ら海(ちゅらうみ)水族館

首里城